コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日神木 かすがのしんぼく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春日神木
かすがのしんぼく

奈良の春日大社藤原氏の氏神として奈良時代以来朝野の崇敬を集めたが,その神霊をサカキ (榊) に移したものが神木で,古来の神籬 (ひもろぎ) であり,絵画によれば鏡をつけたものが多く,さらに春日大社の神使である鹿の背に立てられていた。平安時代中期以降藤原氏の摂関政治が朝廷の政治を左右するようになると,春日神社の実権を握っていた藤原氏の氏寺興福寺の大衆 (だいしゅ) は不満があるとこの神木を奉じて都に上り強訴するにいたった。要求が入れられない場合はその当事者を藤原氏から放氏 (ほうし。氏上が氏人に加えた制裁のことで,一族からの除外,氏人としての特権を取上げた) するので,藤原氏の公卿たちはこれを非常に恐れたため,その目的を達しないことはなかったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

春日神木の関連キーワード嗷訴

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android