コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春浦宗煕 しゅんぽ そうき

1件 の用語解説(春浦宗煕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春浦宗煕 しゅんぽ-そうき

1409/16-1496 室町時代の僧。
応永16/23年生まれ。臨済(りんざい)宗。大徳寺養叟宗頤(ようそう-そうい)の法をつぎ,寛正(かんしょう)2年(1461)同寺の住持となる。応仁(おうにん)・文明の乱を摂津,和泉(いずみ)にさけ,乱後は大徳寺の復興につくし,山内に松源院をひらいた。明応5年1月14日死去。81/88歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。俗姓は赤松。別号に巣庵。諡号(しごう)は正続大宗禅師。著作に「春浦和尚金口説」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

春浦宗煕の関連キーワード愚中周及足利満兼日野富子社会保障関係費一般歳出平成19年度予算マレーシアと日本シャールフライプチヒデュファイ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone