時の記念日(読み)トキノキネンビ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

時の記念日

671年のこの日、天智天皇が水時計を利用して時刻を計り、広く知らせ始めたとの故事にちなむ。時間を守り、生活の合理化を図ろうと、東京天文台などが1920年に決めた。

(2018-06-07 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

時の記念日【ときのきねんび】

6月10日。時間の貴重さを思い,時刻を守る念を深める趣旨で1920年に制定。671年,天智天皇のときに水時計(漏刻(ろうこく))を置き時刻制度を定めた日(旧4月25日,新6月10日)を記念する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ときのきねんび【時の記念日】

時間を尊重し、生活の改善・合理化を進める目的で、1920年(大正9)設定された記念日。6月10日。671年4月25日(太陽暦の6月10日)に天智天皇が初めて漏刻を実用に供した故事にちなむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

時の記念日
ときのきねんび

時間を尊重、厳守し、生活の改善、合理化を進めることを目的とする日。毎年6月10日。1920年(大正9)生活改善同盟会が主催、実施した。6月10日を記念日とした根拠は、『日本書紀』天智(てんじ)天皇10年(671)4月25日の項に「漏剋(ろこく)(漏刻(ろうこく))を新しき台(うてな)に置く。始めて候時(とき)を打つ。鐘鼓(かねつづみ)を動(とどろか)す」とあり、この4月25日が現行暦の6月10日にあたることによる。天智天皇を祀(まつ)る近江(おうみ)神宮では、毎年この日に漏刻祭が行われる。[元持邦之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とき‐の‐きねんび【時の記念日】

〘名〙 六月一〇日。時間を尊重・厳守し生活の改善・合理化を進めることを期する目的で定められた日。大正九年(一九二〇)生活改善同盟会が発意し、天智天皇一〇年(六七一)四月二五日(太陽暦六月一〇日)の水時計設置を記念して選定。《季・夏》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時の記念日の関連情報