コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暹覚 せんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

暹覚 せんかく

1046-1140 平安時代後期の僧。
永承元年生まれ。天台宗壮年になって出家大和(奈良県)崇敬寺の東北に庵(いおり)をむすび修行。保延(ほうえん)6年1月弥陀の称号をとなえて死去。死後27日たっても顔色は花のようであったという。95歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。俗姓三峰

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

暹覚の関連キーワード殷墟ハインリヒ[3世]ハーラル[3世]永承クレメンス2世禖子内親王日本年号一覧グレゴリウス8世みなみまぐろ保存委員会タジキスタン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android