コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書上 かきあげ

世界大百科事典 第2版の解説

かきあげ【書上】

特定の事項を調査して,下位から上位の者・機関に上申すること,あるいはその文書。江戸時代に多く使われた用語であるが,とりわけ町方や村方から領主に差し出された上申文書にこの呼称を持つものが多い。帳面体のものは,書上帳,書出帳とも言っている。たとえば,幕府は金・銀・銭の三貨や米・大豆・油などの重要商品について,物価調節などの目的から定期ないし臨時に相場を書き上げさせたが,これを〈書上相場〉と言った。また,町や村ごとに家数,人数,土地,生業などの概況を書き上げさせた〈町方書上〉や〈村明細書上帳〉は,書上(帳)の代表的なものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

書上の関連キーワード含み資産/含み損・含み益販売費及び一般管理費食卓から愛をこめて税引前当期利益覚書(日本史)新編会津風土記売上高総利益率下駄屋甚兵衛民谷伊右衛門資本利益率売上総利益書上順四郎営業外収益市村竹之丞税効果会計清水柳景キッテム貞享書上願人坊主純剰余金

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書上の関連情報