コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹汝霖 そうじょりんCao Ru-lin; Ts`ao Ju-lin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曹汝霖
そうじょりん
Cao Ru-lin; Ts`ao Ju-lin

[生]光緒2(1877).12.10. 中国,上海
[没]1966.8.4. アメリカ合衆国,ミシガン,デトロイト
中国,民国初期の政治家。早稲田大学卒業。 1916年段祺瑞内閣以来,各内閣で交通,外交,財政各部長を務めた。 1919年五・四運動のデモで,親日売国奴として自邸を焼き打ちされた。その後下野して,交通銀行総理,中国実業銀行総経理などを歴任。日中戦争後,華北臨時政府主席になるよう懇請されたが辞退。第2次世界大戦後はホンコン,東京に移り,晩年はアメリカ合衆国ミシガン州余生を送った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

曹汝霖【そうじょりん】

現代中国の政治家。字(あざな)は潤田。上海生れ。対華二十一ヵ条要求(1915年)での日本との交渉,西原借款(1916年−1918年)の受入れ,日本の華北傀儡(かいらい)政権への関与など,その政治活動はつねに反動的支配者の側に立ったもので,1919年の愛国運動〈五・四運動〉では親日派売国官僚として徹底的に批判された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曹汝霖 そう-じょりん

1877*-1966 中国の政治家。
光緒(こうしょ)2年12月10日生まれ。日本の早大卒業。袁世凱(えん-せいがい)政府,段祺瑞(だん-きずい)政府の要職を歴任し,日本の二十一ヵ条要求の承認,西原借款の成立に努力。1919年の五・四運動の際,親日派売国官僚として攻撃され罷免された。1966年8月4日アメリカで死去。90歳。上海出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうじょりん【曹汝霖 Cáo Rǔ lín】

1877‐1966
現代中国の政治家,財政家。字は潤田。上海生れで,留日学生出身。倒壊寸前の清朝末期の内閣に名を連ねたのを振出しに,日本の華北傀儡(かいらい)政権に関与するまで,つねに反動的支配者の側につき続けたため,現代中国史上の敵役として知られる。ことに,袁世凱時代に日本との二十一ヵ条交渉に従事したことと,段祺瑞(だんきずい)時代に西原借款の受入れに奔走したことは,1919年の五・四運動に際し,陸宗輿(りくそうよ),章宗祥(しようそうしよう)とともに親日派売国官僚として民衆から徹底批判される原因となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曹汝霖
そうじょりん / ツァオルーリン
(1875―1966)

中国の親日派官僚。上海(シャンハイ)の人。早稲田(わせだ)大学などに留学。帰国後清(しん)朝に出仕し、1911年春、外務部副大臣となる。辛亥(しんがい)革命後は袁世凱(えんせいがい)の下で参議院議員、外務部次長となり、1915年(大正4)日本の対華二十一か条要求を承認。1916年交通兼外交総長(大臣)となり、袁の死後も段祺瑞(だんきずい)内閣に重きをなし、西原借款を取りまとめた。1919年五・四運動の際、売国奴として学生の焼き討ちにあい、免職。のち実業界で活躍。日中戦争中は日本の傀儡(かいらい)政権に参加し、戦後漢奸(かんかん)に指名されたが、釈放後アメリカへ亡命した。[阿川修三]
『曹汝霖回想録刊行会編・訳『一生之回憶』(1967・鹿島研究所出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の曹汝霖の言及

【五・四運動】より

…しかしその願望はうらぎられ,ドイツの山東権益はイギリス,フランス,アメリカ等大国の利害から日本に引き渡されることになった。人々はこの事態を亡国の危機ととらえ,5月4日,北京の学生がまっさきに決起し,デモのあと,親日派高官曹汝霖邸を焼き打ちした。運動は各都市,各階層にひろがり,授業拒否の学生,救国十人団に結集した市民が商品ボイコットを始め,反日運動を展開した。…

※「曹汝霖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

曹汝霖の関連キーワード対華二十一ヵ条要求ツァオルーリン中江 丑吉中江丑吉桑田豊蔵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android