コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キワ

デジタル大辞泉の解説

きわ〔きは〕【際】

《「ぎわ」の形で、他の語と複合しても用いる》
あと少しで別のものになろうとするぎりぎりのところ。境目。また、物の端。「がけのから見下ろす」「生え」「波打ち
ある物にきわめて接近した所。すぐそば。「戸口のに置く」「壁」「山」「窓
物事がそうなろうとするまさにそのとき。「今わの」「入り」「死に」「往生
物事の窮まるところ。限界。際限。
「世に悲しきことの―にはおぼえ侍りしを」〈・柏木〉
身分。家柄。分際。
「いとやむごとなき―にはあらぬが」〈・桐壺〉
才能・器量などの程度。
「取る方なく口惜しき―と、優なりとおぼゆばかりすぐれたるとは、数ひとしくこそ侍らめ」〈・帚木〉
物事の程度。ほどあい。
「はしたなき―に熱かりければ」〈大鏡・道長下〉
江戸時代、年末・節季の決算期。
「―の日和(ひより)に雪の気づかひ/惟然」〈続猿蓑

さい【際】

とき。場合。機会。「有事の」「このだから言っておこう」
物と物との接するところ。「天地の
頃(ころ)用法

さい【際】[漢字項目]

[音]サイ(漢) [訓]きわ
学習漢字]5年
〈サイ〉
二つの物が接する所。限りのところ。きわ。はて。「際涯際限分際(ぶんざい)辺際
出会う。「際会
接してまじわる。「学際交際国際
時。場合。「実際
〈きわ(ぎわ)〉「際物手際間際窓際水際
[難読]今際(いまわ)

ざい【際】

身のほど。分際。
「時宗(ときむね)やらぬの逃さぬのと、女子の―にあんまりな」〈浄・百日曽我

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きわ【際】

(他の語と複合して用いられるときには「ぎわ」となる)
他との境界となるところ。物のふち。へり。はし。 「崖がけの-に立つ」 「額の生え-」
あるものに非常に近い所。あたり。そば。 「敷居の-に座る」 「窓-の棚」 「水-」
ある状態になろうとしている直前の時。 「今わの-」 「往生-」 「瀬戸-」 「死に-」 「散り-」
物事のきわまるところ。極限。果て。 「君の御母君のかくれ給へりし秋なむ、世に悲しきことの-には覚え侍りしを/源氏 柏木
分際。身の程。身分。 「ただ人も、舎人など給はる-はゆゆしと見ゆ/徒然 1
物事の程度。特に、才能・器量などの程度。 「世をそしるほどに、心の-のみこそ見えあらはるめれ/紫式部日記」
江戸時代、盆暮れまたは各節句前の支払いの時期。 「此の-は与兵衛様のことに付き、いかいお世話でござんしよ/浄瑠璃・油地獄
[句項目]

さい【際】

(何かが行われる)おり。時。場合。 「この-むずかしい話は抜きにしよう」 「上京の-はお世話になりました」
ある場所と場所との間。 「酒田の湊より東北の方、…其-十里/奥の細道」

ざい【際】

分際。身のほど。 「女の-に刀差いて二階へ上り/浄瑠璃・島原蛙合戦」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

際の関連キーワードネットプレーヤーヘアピンショットパッセンジャーセールストークネットプレーオケージョン出で座しの宮靴型・沓型入力解像度今際の際売買価格市中金利奥の細道開眼供養転法輪堂今際の時割引歩合遷宮祭鎌倉節EMP

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

際の関連情報