(読み)キワ

  • ▽際
  • きわ きは
  • きわ〔きは〕
  • ぎわ ぎは
  • さい
  • さい・す
  • さい・する
  • ざい
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

《「ぎわ」の形で、他の語と複合しても用いる》
あと少しで別のものになろうとするぎりぎりのところ。境目。また、物の端。「がけのから見下ろす」「生え」「波打ち
ある物にきわめて接近した所。すぐそば。「戸口のに置く」「壁」「山」「窓
物事がそうなろうとするまさにそのとき。「今わの」「入り」「死に」「往生
物事の窮まるところ。限界。際限。
「世に悲しきことの―にはおぼえ侍りしを」〈・柏木〉
身分。家柄。分際。
「いとやむごとなき―にはあらぬが」〈・桐壺〉
才能・器量などの程度。
「取る方なく口惜しき―と、優なりとおぼゆばかりすぐれたるとは、数ひとしくこそ侍らめ」〈・帚木〉
物事の程度。ほどあい。
「はしたなき―に熱かりければ」〈大鏡・道長下〉
江戸時代、年末・節季の決算期。
「―の日和(ひより)に雪の気づかひ/惟然」〈続猿蓑
とき。場合。機会。「有事の」「このだから言っておこう」
物と物との接するところ。「天地の
頃(ころ)用法
[音]サイ(漢) [訓]きわ
学習漢字]5年
〈サイ〉
二つの物が接する所。限りのところ。きわ。はて。「際涯際限分際(ぶんざい)辺際
出会う。「際会
接してまじわる。「学際交際国際
時。場合。「実際
〈きわ(ぎわ)〉「際物手際間際窓際水際
[難読]今際(いまわ)
身のほど。分際。
「時宗(ときむね)やらぬの逃さぬのと、女子の―にあんまりな」〈浄・百日曽我

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

(他の語と複合して用いられるときには「ぎわ」となる)
他との境界となるところ。物のふち。へり。はし。 がけの-に立つ 額の生え-
あるものに非常に近い所。あたり。そば。 敷居の-に座る 窓-の棚 水-
ある状態になろうとしている直前の時。 今わの- 往生- 瀬戸- 死に- 散り-
物事のきわまるところ。極限。果て。 君の御母君のかくれ給へりし秋なむ、世に悲しきことの-には覚え侍りしを/源氏 柏木
分際。身の程。身分。 ただ人も、舎人など給はる-はゆゆしと見ゆ/徒然 1
物事の程度。特に、才能・器量などの程度。 世をそしるほどに、心の-のみこそ見えあらはるめれ/紫式部日記
江戸時代、盆暮れまたは各節句前の支払いの時期。 此の-は与兵衛様のことに付き、いかいお世話でござんしよ/浄瑠璃・油地獄
[句項目] 際は際
(何かが行われる)おり。時。場合。 この-むずかしい話は抜きにしよう 上京の-はお世話になりました
ある場所と場所との間。 酒田の湊より東北の方、…其-十里/奥の細道
分際。身のほど。 女の-に刀差いて二階へ上り/浄瑠璃・島原蛙合戦

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 物事の窮まるところ。極限。限界。きわみ。果て。限り。
※枕(10C終)一八六「受領の北の方にて国へ下るをこそは、よろしき人の幸のきはと思ひて愛でうらやむめれ」
② 物と物との接するところ。境目。端。仕切り。また、そのすぐそば。ほとり。
※源氏(1001‐14頃)空蝉「紅の腰ひきゆへるきはまで、胸あらはに、ばうぞくなるもてなしなり」
③ 物事の様相が転換するような大切な時期。転機。時。折り。当座。
※源氏(1001‐14頃)帚木「今やうやう忘れゆくきはに、かれはたえしも思ひ離れず」
※徒然草(1331頃)三〇「年月へても露忘るるにはあらねど、去る者は日々に疎しといへることなれば、さはいへど、其のきはばかりは覚えぬにや」
④ 年末及び節季の決算期。江戸時代、商家の勘定日。
※評判記・けしずみ(1677)「かなしきもの〈略〉きはにかねのなきは、かなしきことのうはもりなるに」
⑤ 物事の段階。程度。
(イ) 人の所属する家門、階級。分際。身分。家柄。
※枕(10C終)二六八「及ぶまじからむきはをだに、めでたしと思はんを、死ぬばかりも思ひかかれかし」
(ロ) 才能、器量などの程度。
※源氏(1001‐14頃)帚木「取る方なく口惜しききはと、優なりとおぼゆばかりすぐれたるとは、数ひとしくこそ侍らめ」
(ハ) 物事の程度。ほどあい。
※大鏡(12C前)六「御ものをいれて、いみじう熱くてまいらせわたしたるを〈略〉さふさふとまいりたるに、はしたなききはにあつかりければ」
⑥ 江戸以降、操り芝居などの寄席芸人、魚商、駕籠屋、車夫などが数の九をいう符丁。また、楊弓で賭物(かけもの)をするときにも用いられた。
※談義本・教訓不弁舌(1754)五「肴売どん七が直段(ねだん)のから名に〈略〉きわ 九百文の事」
〘語素〙
① 物を表わす名詞に付いて、そのそば、境目、あたりの意を示す。「壁ぎわ」「髪ぎわ」「水ぎわ」「山ぎわ」など。
② 動詞の連用形に付いて名詞をつくり、その動作が行なわれはじめる時を表わす。…する時。…しようとする時。ちょうどその時。「入りぎわ」「散りぎわ」「死にぎわ」など。
〘名〙
① 物と物とが接するところ。また、あるものと他との境目。
※宗五大草紙(1528)公私御かよひの事「御酌の人さいのそとへ銚子を出て、是もさいの外に手を付てくはふべし」 〔易経‐泰卦〕
② ある場所の付近。ほとり。あたり。
③ ある地点と地点との間。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)象潟「山を越、礒(いそ)を伝ひ、いさごをふみて、其際十里、日影ややかたぶく比」 〔曹植‐七啓〕
④ ある事柄が行なわれる、そのとき。時機。時節。おり。とき。場合。
※古事談(1212‐15頃)一「此之際有蹴鞠事」 〔魏文帝‐典論〕
※歌舞伎・伊勢平氏栄花暦(1782)三立(暫)「女のさいに烏帽子、提燈に太刀を帯し」
〘名〙 (「分際(ぶんざい)」の。一説に「才(ざえ)」から変化したことばで、才知の意とも。「に」を付けて用いることが多い) 分際。身のほど。身分。分限。ふつう、身分もわきまえないさしでがましいことを、非難していうのに用いる。
※狂言記・生捕鈴木(1660)「その時頼朝、なんぢなわのざいに至て、けなげだてはいらざる事よ」
〘自サ変〙 さい・す 〘自サ変〙
① ある事柄に出会う。ある事柄に臨む。あたる。
※廃藩置県に就き諸藩の知事に賜はりたる勅語‐明治四年(1871)七月一四日「朕惟(おも)ふに方今内外多事の秋(とき)に際し断然其措置を得」
② ある物とある物が接する。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「東北は雲に際し一点の山を見ず」
〘自サ変〙 ⇒さいする(際)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

際の関連情報