有機スズ(錫)化合物(読み)ゆうきすずかごうぶつ

百科事典マイペディアの解説

有機スズ(錫)化合物【ゆうきすずかごうぶつ】

海草やフジツボの付着を防ぐために船底や漁網,養殖いけすの網に塗られたトリブチルスズ(TBT)やトリフェニルスズ(TPT)などのスズの有機化合物。有機スズ化合物は防汚剤としての効果が大きいといわれ,広く使われてきた。しかし有機スズには白血球の減少や神経障害,成長阻害などを引き起こす毒性がある。1980年代に日本で,養殖ハマチの背中が曲がるのはトリブチルスズ化合物(TBTO)を使うためではないかという議論が起こり,1987年に全国漁業協同組合連合会と全国かん水養魚協会はTBTOの使用禁止を決定。有機スズ化合物を用いた船底塗料は世界的に規制される傾向にあり,日本でも1989年にTBTOを化学物質審査規制法の第1種特定化学物質に指定,TBTとTPTを第2種特定化学物質に指定した。
→関連項目船底塗料

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android