コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝から夜中まで あさからよなかまでVon Morgens bis Mitternachts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝から夜中まで
あさからよなかまで
Von Morgens bis Mitternachts

ドイツの戯曲。2部7場。 G.カイザー作。 1912年の作。 17年ベルリンのドイツ座で M.ラインハルトが演出。ドイツ表現主義戯曲の代表作公金を持逃げし,都会的遊興に逃避し,最後に幻滅と絶望から自殺する銀行員を通して,現代文明の不毛と資本主義社会の冷酷さをえぐりだした作品。人物は個人名をもたずタイプとして登場し,心理的要因を排した簡潔なせりふを用いて,悪夢的な現代生活が描かれている。アメリカでは,ニューヨークシアター・ギルドが 22年に上演。さらに映画化され,表現主義映画の代表作品となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あさからよなかまで【朝から夜中まで】

《原題、〈ドイツ〉Von Morgens bis Mitternachtsカイザーの戯曲。1912年作。1917年、ベルリンにて初演。表現主義の代表作。カールハインツ=マルティン監督による映画化作品もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝から夜中までの関連キーワードカイザー(Georg Kaiser)村山知義土方与志

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝から夜中までの関連情報