コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮休戦会談 ちょうせんきゅうせんかいだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮休戦会談
ちょうせんきゅうせんかいだん

1951年7月から2年にわたり断続的に行われた朝鮮戦争休戦に関する国連軍代表と中国,北朝鮮両軍代表の会談。同年6月 23日のソ連の Y.A.マリク国連代表の提案がきっかけで,同年7月 10日から北緯 38度線近くの開城で交渉が行われ,同年 10月から板門店で話合われた。その結果,52年3月までに軍事境界線,休戦後の政治会議などで合意ができたが,捕虜交換問題で行きづまり,同年 10月交渉は中断された。 53年4月から板門店で交渉が再開され,同年6月捕虜交換付属協定が成立し,7月 27日に休戦協定が調印された。国連軍側は約7万 7000人,共産軍側は約1万 2700人の捕虜を釈放した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝鮮休戦会談の関連キーワードポール・P. ブラックバーンケソン(開城)市南日

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android