コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木挽町狩野 こびきちょうかのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木挽町狩野
こびきちょうかのう

奥絵師四家の一つ。寛永7 (1630) 年狩野尚信江戸幕府御用絵師拝命,竹川町に屋敷地を拝領して祖となる。栄川院典信が田沼意次の寵を受け,木挽町武家屋敷を下賜されてからこの名で呼ばれる。幕末期には最も隆盛。のちに狩野芳崖橋本雅邦が出て,近代日本画の母体となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こびきちょう‐かのう〔こびきチヤウ‐〕【木挽町狩野】

江戸幕府の奥絵師狩野派四家の一。狩野尚信に始まり、木挽町に居を定めたのでこの名がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こびきちょうかのう【木挽町狩野】

江戸時代の絵師、狩野派三家の一。狩野尚信を祖とし、木挽町に屋敷があったのでいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の木挽町狩野の言及

【狩野尚信】より

…探幽とともに日光東照宮本殿や聖衆来迎寺の障壁画を描く。彼が基礎を作った木挽町狩野は子の常信がさらに発展させ,この子孫が江戸狩野の中でも最も繁栄した。尚信の画風には,兄探幽の創始した江戸狩野様式の影響を深く受けながらも,一種文人的な情趣が認められる。…

【狩野派】より

…探幽は21年に幕府から鍛冶橋門外に屋敷を拝領したので,後に鍛冶橋狩野家と呼ばれた。尚信は30年に竹川町に屋敷を拝領し,子の常信のときに木挽町に移ったので木挽町狩野家と呼ばれ,宗家の安信は寛永年間(1624‐44)中橋狩野家をひらいた。ここに狩野家の中心は江戸に移り,山楽系の京狩野に対して江戸狩野と呼ばれる。…

※「木挽町狩野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木挽町狩野の関連キーワード狩野栄川(2)狩野晴川院狩野養川院狩野勝川院狩野養信狩野雅信狩野典信狩野立信狩野伊川狩野永悳朝岡興禎江戸狩野狩野古信狩野董川狩野栄信狩野常信狩野周信

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android