コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村小舟 きむら しょうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村小舟 きむら-しょうしゅう

1881-1954 明治-昭和時代の編集者,児童文学者。
明治14年9月12日生まれ。名和昆虫研究所にはいる。巌谷小波(いわや-さざなみ)にみいだされ,博文館で「少年世界」などを編集。科学,歴史,美術など各種の児童読み物を執筆し,「小波お伽(とぎ)全集」の編集につくした。昭和29年4月20日死去。72歳。岐阜県出身。本名は定次郎。著作に「少年文学史・明治編」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村小舟
きむらしょうしゅう
(1881―1955)

編集者、児童読物作家、児童文学研究者。本名定次郎(ていじろう)。岐阜県生まれ。少年時代、名和靖(なわやすし)の昆虫研究所に勤め、巌谷小波(いわやさざなみ)の知遇を得て博文館に入り『少年世界』その他の編集に従事。処女出版『教育お伽噺(とぎばなし)』(1901)ほか児童読み物の著書多く、美術趣味を生かした『日本名画物語』など美術読み物も少なくない。晩年は体験を踏まえての明治期児童文学の研究にいそしみ、『少年文学史』上下・別巻(1942)、『明治少年文化史話』(1949)を完成。自伝に大冊の『足跡(木村小舟生誕五十年記念出版)』(1930・桐花会)がある。[上笙一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

木村小舟の関連キーワード児童雑誌上笙一郎昭和時代童話

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android