コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良守峯 さがらもりお

3件 の用語解説(相良守峯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相良守峯
さがらもりお

[生]1895.4.14. 鶴岡
[没]1989.10.16. 東京
ドイツ文学者。第四高等学校東京大学に学ぶ。第一高等学校教授を経て東大教授。中世ドイツ語ドイツ文学の権威。『中世叙事詩の研究』 (1948) などのほか,『木村・相良独和辞典』 (木村謹治と共編) ,『独和大辞典』により多大の貢献をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相良守峯 さがら-もりお

1895-1989 昭和時代のドイツ文学者。
明治28年4月14日生まれ。相良守次(もりじ)の兄。昭和22年東大教授となる。のち慶大教授,京都外大教授。22年日本独文学会の創設にくわわり,33年日本ゲーテ協会会長。「木村・相良独和辞典」の編者として知られる。60年文化勲章。平成元年10月16日死去。94歳。山形県出身。東京帝大卒。著作に「ドイツ中世叙事詩研究」,訳書に「ニーベルンゲンの歌」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相良守峯
さがらもりお
(1895―1989)

ドイツ文学者。山形県生まれ。東京帝国大学独文科卒業。一高教授、東大教授、慶大教授、京都外語大教授を歴任。文学博士、東大名誉教授文化功労者、日本ゲーテ協会名誉会長。わが国のドイツ語学教育に多大な献業をなし、その間、日本独文学会を創設(1947)、また旧ドイツ政府より大功労十字勲章を受章した。著書に『ドイツ中世叙事詩研究』(1948)、『ワーグナーの思想と芸術』(1948)、『ドイツ文学史』3巻のほか、『大独和辞典』、木村謹治とともに、『木村・相良独和辞典』の編者としても知られる。訳書も多く、『ファウスト』『ニーベルンゲンの歌』(ともに1955)の名訳がある。エッセイ集に『茫々(ぼうぼう)わが歳月』(1978)。1985年文化勲章受章。[岩崎武夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

相良守峯の関連キーワード度量衡任意出頭被疑者深刻小説日清戦争観念小説文芸倶楽部新興市場燃料棒レジ袋有料化

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone