コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良守峯 さがらもりお

3件 の用語解説(相良守峯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相良守峯
さがらもりお

[生]1895.4.14. 鶴岡
[没]1989.10.16. 東京
ドイツ文学者。第四高等学校東京大学に学ぶ。第一高等学校教授を経て東大教授。中世ドイツ語ドイツ文学の権威。『中世叙事詩の研究』 (1948) などのほか,『木村・相良独和辞典』 (木村謹治と共編) ,『独和大辞典』により多大の貢献をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相良守峯 さがら-もりお

1895-1989 昭和時代のドイツ文学者。
明治28年4月14日生まれ。相良守次(もりじ)の兄。昭和22年東大教授となる。のち慶大教授,京都外大教授。22年日本独文学会の創設にくわわり,33年日本ゲーテ協会会長。「木村・相良独和辞典」の編者として知られる。60年文化勲章。平成元年10月16日死去。94歳。山形県出身。東京帝大卒。著作に「ドイツ中世叙事詩研究」,訳書に「ニーベルンゲンの歌」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相良守峯
さがらもりお
(1895―1989)

ドイツ文学者。山形県生まれ。東京帝国大学独文科卒業。一高教授、東大教授、慶大教授、京都外語大教授を歴任。文学博士、東大名誉教授文化功労者、日本ゲーテ協会名誉会長。わが国のドイツ語学教育に多大な献業をなし、その間、日本独文学会を創設(1947)、また旧ドイツ政府より大功労十字勲章を受章した。著書に『ドイツ中世叙事詩研究』(1948)、『ワーグナーの思想と芸術』(1948)、『ドイツ文学史』3巻のほか、『大独和辞典』、木村謹治とともに、『木村・相良独和辞典』の編者としても知られる。訳書も多く、『ファウスト』『ニーベルンゲンの歌』(ともに1955)の名訳がある。エッセイ集に『茫々(ぼうぼう)わが歳月』(1978)。1985年文化勲章受章。[岩崎武夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相良守峯の関連キーワード独文桜門ドイツ文学会池田浩士伊藤武雄(5)上道直夫上村清延轡田収高辻知義鼓常良山岸光宣