コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木生シダ もくせいシダtree fern

翻訳|tree fern

2件 の用語解説(木生シダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木生シダ
もくせいシダ
tree fern

熱帯・亜熱帯に広く分布する,茎が直立して高く伸びる大型のシダのことで,いわゆる木本とは異なる。そのほとんどはヘゴ科に属するもので,ほかにタカワラビ科も木生シダである。ヘゴ科は約 600~1500種から成り,茎は鱗片を有し,複雑な中心柱をもち,茎頂に大型の羽状複葉を叢生するものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もくせいしだ【木生シダ tree fern】

茎が立ち上がり,葉が大型になったシダ類。シダ植物の茎は長く伸びる場合も地面をはって根茎になるのが普通であるが,いくつかの種では茎が直立して長く伸び,その周辺に不定根などが密にもつれ合ってつき,太い幹になって茎頂に展開する葉を支えているものがある。ヘゴ科のほとんどすべての種をはじめ,タカワラビ科,シシガシラ科などに,高い幹をつくる木生シダがあり,クワレシダなどの茎も高さが1m近くに伸びる。木生といっても,茎は肥大生長はしないので,をつくることなく,いわゆる木本とはいえない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木生シダの関連情報