コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥大生長 ひだいせいちょうthickening growth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肥大生長
ひだいせいちょう
thickening growth

植物学上の用語としては,高等植物のや根の軸方向の生長伸長というのに対して,直径の方向に大きくなる生長を肥大生長という。1次的には,頂端で細胞新生され,それらの細胞が個々に伸長することによる生長,2次的には,形成層を生じ,それの外側に師管を,内側に木部を新生するような形で太さが増大する。後者を特に二次肥大生長と称することもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひだい‐せいちょう〔‐セイチヤウ〕【肥大生長】

植物の茎や根が太くなる現象。形成層の細胞分裂によって起こり、木本植物に著しい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひだいせいちょう【肥大生長 thickening growth】

植物の茎や根がその上下軸に対して直角の方向に増大する生長をさし,二次生長あるいは二次肥大生長ともいわれる。このような植物体の胴まわりを太くする生長は,木本双子葉植物裸子植物単子葉植物の限られた種(センネンボク)などにみられる。現存のシダ類にはほとんどみられないが,化石シダ類のなかには二次生長の証拠を示すものがある。一次生長が茎および根の頂端分裂組織による細胞数の増加と個々の細胞の伸長によるのに対して,二次生長は維管束形成層のはたらきによる部と師部の新生によっておこる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひだいせいちょう【肥大生長】

茎や根の形成層の細胞分裂により軸の直角方向に行われる生長。その結果、木部や師部が新しく生ずる。二次生長。二次肥大生長。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

肥大生長の関連キーワードヤシ(椰子)コルク形成層コルクガシカラミテスミズニラ科木生シダ靭皮繊維封印木維管束追熟鱗木周皮年輪蘆木ヘゴ春材皮目

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android