コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末の世(読み)スエノヨ

デジタル大辞泉の解説

すえ‐の‐よ〔すゑ‐〕【末の世】

後の世。後の時代。「末の世までも語り継がれる」
道義や仏法がすたれ、人の心がすさんだ世の中。末世(まっせ)。
晩年。
「―に内裏を見給ふにも」〈賢木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すえのよ【末の世】

後の世。未来。 「 -まで名を残す」
道義や仏法のすたれた世の中。末世。
晩年。 「 -に内を見給ふにつけても/源氏 賢木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報