後の世(読み)ノチノヨ

デジタル大辞泉の解説

のち‐の‐よ【後の世】

あとにくる時代。将来。後世。「偉業を後の世まで伝える」
死後の世。来世。あの世。後世(ごせ)。「後の世まで変わらぬ契り」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

のち【後】 の 世(よ)

① あとにくる時代。将来。後代。後世。
※書紀(720)舒明即位前(北野本訓)「然して乃ち、後の生(ひと)の言(まう)さく、吾二人、国を破れり。是れ後(のちノヨ)の悪(あ)しき名なり」
② 死後の世。来世。後世(ごせ)。あの世。
※続日本紀‐神護景雲三年(769)一〇月一日「忠(ただ)しく浄き名を顕し、後世(のちのよ)には人天の勝楽を受けて、終に仏と成れと念ほしてなも」
※源氏(1001‐14頃)若紫「のちの世の勤めも、いとよくして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報