コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末次(2) すえつぐ

1件 の用語解説(末次(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末次(2) すえつぐ

?-? 南北朝-室町時代の刀工。
山城(京都府)来(らい)派。末行(すえゆき)の門人で,永徳-応永(1381-1428)ごろの人。あるいは末行もしくは国光(くにみつ)の子で,応永20年(1413)99歳で没したという。銘のある確実な作品はなく,刀剣書の「銘尽秘伝書」などにみえるのみ。姓は来。通称は供太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

末次(2)の関連キーワード末吉末次顕国(2代)顕国(3代)兼国(2)兼吉(初代)国久国光(3)末行友重(3代)