本郷埴輪窯跡(読み)ほんごうはにわかまあと

国指定史跡ガイドの解説

ほんごうはにわかまあと【本郷埴輪窯跡】


群馬県藤岡市本郷にある窯跡。市街地南側の、神流(かんな)川に面する河岸段丘の傾斜面に所在する埴輪を焼いた窯跡。この地は土師器(はじき)や埴輪を作った土師部(はじべ)と呼ばれる職業集団が住みついた土師郷とみられ、近くには祖先を祀った土師神社がある。窯跡の存在は明治末年に確認され保護されてきたが、1943年(昭和18)に学術的な発掘がなされ、窯は段丘崖に沿って4m間隔に十数基認められたが、そのうち2基を調査した結果、それらは段丘崖を利用した登り窯形式で、全長10m。ラッパ状に開いた6mの通風路と2mの燃焼部に分かれ、内部は約30度傾斜した円筒状で、壁や床面は粘土が張られているなど、わが国上代における窯の構造を示していることなどから、1944年(昭和19)に国の史跡に指定された。この窯は6世紀~7世紀前半ごろのものと推定されている。JR八高線群馬藤岡駅から徒歩約30分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる