土師部(読み)はじべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土師部
はじべ

古代の品部 (ともべ) 。その監督者となる伴造 (とものみやつこ) は土師連 (むらじ) であった。野見宿禰子孫という。河内和泉下野丹波などに集住し,埴輪土師器などの生産に従事し,朝廷に貢上した。 (→ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はじべ【土師部】

古代の部民の一。埴輪はにわ・土師器の製作や葬礼に関する労役に従事した。はにしべ。

はにしべ【土師部】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土師部
はじべ

土部とも書く。土師連(むらじ)を伴造(とものみやつこ)とし、朝廷に埴輪(はにわ)・土師器(はじき)を貢進し、葬礼をも担当したトモまたはその部民。『日本書紀』垂仁(すいにん)天皇32年条に、土部連の始祖野見宿禰(のみのすくね)が出雲(いずも)国(島根県)土部100人を率い殉人(じゅんにん)の代用として埴輪をつくった説話がみえる。土師部は出雲をはじめ山城(やましろ)、摂津(せっつ)、河内(かわち)、和泉(いずみ)、遠江(とおとうみ)、武蔵(むさし)、下総(しもうさ)、常陸(ひたち)、美濃(みの)、若狭(わかさ)、丹後(たんご)、但馬(たじま)、因幡(いなば)、石見(いわみ)に設定された。雄略(ゆうりゃく)天皇17年条に贄土師部(にえのはじべ)の貢進がみえ、のち諸陵司の伴部となった。[前川明久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はじ‐べ【土師部】

〘名〙 令制前の品部(しなべ)の一つ。埴輪(はにわ)、土師器(はじき)などの土器の製造をし、貢納したもの。
※書紀(720)垂仁三二年七月(熱田本訓)「出雲国の土部(ハシヘ)壱佰人(ひとももひと)を喚上(めしあ)げて自ら土部(ハシヘ)等を領(つか)ひて埴(はにつち)を取りて以て人馬及び種々の物の形を造作りて」

はにし‐べ【土師部】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android