コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朳/柄振(り) エブリ

デジタル大辞泉の解説

え‐ぶり【×朳/柄振(り)】

農具の一。長い柄の先に横板のついたくわのような形のもの。土をならしたり、穀物の実などをかき集めたりするのに用いる。えんぶり。
能の小道具の一。竹ざおの先に板をつけたもので、雪かきに用いる。

えんぶり【×朳】

えぶり(朳)」に同じ。
民俗芸能の一。青森県八戸(はちのへ)市およびその付近で、小正月、現在は2月17日に家々を回って、その年の豊作を祈念する舞。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えんぶり【朳】

青森県八戸市を中心とする地方で旧小正月に行われる豊年予祝の民俗芸能。現在は2月17日から20日までで,数十組のえんぶり組が出る。えんぶりの名称は,田をならす農具の朳(えぶり)から出たもので,芸能の中心は朳を摺(す)る動作にある。一組の構成は大きな烏帽子(えぼし)をかぶり,朳を持った烏帽子太夫3~5人(主を頭(藤)九郎,終りを畔止(くろどめ),他を中太夫という)を軸に,締太鼓横笛,手摺鉦,鼓,三味線,尺八などの囃子方と,囃子舞の舞事や〈えんこえんこ〉と呼ばれる子どもの踊り手など20~30人からなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんぶり【朳】

東北地方で、朳えぶりのこと。
青森県八戸地方を中心に小正月(1月15日)、現在では2月17日頃に行われる豊作予祝の田植え踊り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朳/柄振(り)の関連キーワード青森県八戸市荒くろ摺り東北地方十八般柴杷御田横板穀物くわ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android