コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木陣屋 くつぎじんや

日本の城がわかる事典の解説

くつぎじんや【朽木陣屋】

滋賀県高島市にあった城。鎌倉時代以来、この地を領有していた朽木氏の城館で、江戸時代には陣屋として整備された。約10万m2の敷地に本丸、二の丸、三の丸、御殿、侍所、剣術道場、および馬場などがあったといわれている。朽木氏は近江国を拠点としていた宇多源氏佐々木氏の庶流である。鎌倉時代の1221年(承久3)に起こった承久の乱後、佐々木信綱が朽木荘の地頭職を得て、この地に住み着き、その子孫・義綱が朽木五郎を称したことが朽木氏の始まりといわれている。室町時代に入ると、朽木氏は代々幕府の奉公衆を務めるようになり、1553年(天文22)に、将軍足利義晴・義輝父子が三好長慶に追われて京を脱出すると、父子を匿って将軍を補佐した。1570年(元亀1)、織田信長は越前の朝倉氏攻めの軍を起こしたが、浅井長政の離反で退却。その際、朽木氏は朝倉・浅井両軍の追撃を受ける信長の朽木越えを助けたことから、信長に仕え、その後、豊臣秀吉に仕えて朽木谷2万石を領した。1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いでは、朽木氏は大谷吉継麾下として西軍(豊臣方)に属したが、小早川秀秋に呼応して脇坂安治や小川祐忠、赤座直保らとともに東軍に寝返った。戦後、減封となったが、大名に準じる地位で引き続き朽木谷を領有し明治維新を迎えた。現在、陣屋跡は史跡公園として整備され、石垣の一部と土塁、井戸が残っているほか、園外の県道横には堀跡が現存している。JR湖西線安曇川駅からバス約10分。◇朽木城ともよばれる。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

朽木陣屋の関連キーワード滋賀県高島市朽木野尻

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android