コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉勇(すぎいさみ)

3件 の用語解説(杉勇(すぎいさみ)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

杉勇(すぎいさみ)

山形県、合資会社杉勇蕨岡酒造場の製造する日本酒。平成22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉勇 すぎ-いさむ

1904-1989 昭和時代の歴史学者。
明治37年8月1日生まれ。専門は古代オリエント史。昭和5年東京高師講師となり,東京教育大,明大,跡見学園女子大の教授を歴任。平成元年11月25日死去。85歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「楔形文字入門」「古代オリエント」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

すぎいさみ【杉勇】

山形の日本酒。酒名は、酒林や樽などの材料となり酒になじみの深い杉にちなみ命名。大吟醸酒純米吟醸酒、特別純米酒、純米酒、本醸造酒、普通酒をそろえる。平成13、19、22、25年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は出羽燦々、美山錦、山田錦など。仕込み水は鳥海山系の伏流水。蔵元の「杉勇蕨岡酒造場」は大正12年(1923)創業。所在地は飽海郡遊佐町大字上蕨岡字御備田。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉勇(すぎいさみ)の関連キーワード秀鳳寿久蔵やまと桜雪姫霞城寿壷天杉の森天瑞豊龍誉小桜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone