李健吾(読み)りけんご(英語表記)Li Jian-wu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李健吾
りけんご
Li Jian-wu

[生]光緒32(1906)
[没]1982
中国の劇作家,小説家。山西省運城出身。清華大学卒業後,フランスに留学。抗日戦中は上海にとどまり上海劇芸社を組織,演劇活動に従事。戦後,鄭振鐸と雑誌『文芸復興』を創刊。おもな戯曲作品に『這不過是春天』『以身作則』『母親的夢』『梁允達』『山河怨』などがある。巧緻な構成と軽妙洒脱なせりふによって知られる。一方,小説集『西山之雲』『使命』,劉西渭の筆名で文芸評論集『咀華集』などを発表。ほかにフローベールの翻訳もあり,その活動はきわめて多方面にわたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りけんご【李健吾 Lǐ Jiàn wú】

1906‐82
中国の文学者。筆名は劉西渭。清華大学出身。渡仏しフローベールを研究。1935年より上海で小説,評論に筆をふるい,《咀華集(そかしゆう)》等を著す。他方,舞台実践とヨーロッパの演劇に精通していた彼は劇作(《青春》等),翻案(シェークスピア等),翻訳(モリエール等)をも精力的におこない,中国の新旧演劇の評論,分析(《戯劇新天》等)に新機軸を出した。晩年はバルザックを中心にフランス17世紀文学思想の研究に没頭していたという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李健吾
りけんご / リチェンウー
(1906―1982)

中国の作家、戯曲家、文学研究者。筆名に劉西渭(りゅうせいい)。山西省の人、長く北京(ペキン)に住む。1930年清華大学西洋文学系を卒業。31年渡仏し、フロベールを研究、33年帰国、翻訳と教育研究に従事した。また少年時より話劇運動に参加、『晨報(しんぽう)』副刊や『語絲(ごし)』に作品を発表、軽妙洒脱(しゃだつ)な対話を駆使した、軽快なテンポの喜劇を得意とした。30年代を代表する戯曲家の一人。戯曲に『これは春だけ』『率先垂範』などがある。解放後、北京大学文学研究所、科学院文学研究所などで外国文学の研究に従事し、仏文学のほか、ゴーリキー、トルストイなど多数の訳著がある。[近藤龍哉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android