コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李善蘭 りぜんらん Li Shan-lan

2件 の用語解説(李善蘭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李善蘭
りぜんらん
Li Shan-lan

[生]嘉慶6(1801)
[没]光緒8(1882).北京
中国の数学者。海寧 (浙江省) の人。字は壬叔,号は秋じん。道光 25 (1845) 年,陸費の家に雇われ,同 26年に『四元玉鑑』を解説した『四元解』 (3巻) を完成し,翌年には『対数探源』 (2巻) を書いて対数法を論じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りぜんらん【李善蘭 Lǐ Shàn lán】

1811‐82
中国,清末を代表する数学者。浙江省に生まれ若くして数学を好んだ。1852年(咸豊2)上海に赴き,イギリス人宣教師A.ワイリー(偉列亜力)とともに,ユークリッドの《ストイケイア》を訳し,《幾何原本》後編9巻を出した。そのほかワイリーと《代数学》《代微積拾級》を訳し,また同じくイギリス人宣教師J.エドキンズ(艾約瑟)とともに《重学》を訳し,ヨーロッパ数学を紹介した。中国の伝統数学にも詳しく,著書13種24巻は同治6年(1867)の自序を付し,《則古昔斎算学》の名で公刊された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の李善蘭の言及

【幾何原本】より

…明末にイエズス会士マテオ・リッチ(漢名,利瑪竇)が来朝し,その指導により徐光啓が1606年(万暦34)にその前半6巻を漢訳した。後半の9巻は,清末の1856年(咸豊6)にイギリス人宣教師ワイリーAlexander Wylie(漢名,偉烈亜力)が李善蘭の協力を得て訳出した。従来の中国数学になかった論証的幾何学を中国に紹介するのがリッチのそもそもの意図であったが,この訳書のまえがきでは,中国数学に欠けていた,科学的思考にとって重要な論証の方法や演繹法について,リッチは一言も語ろうとはしていない。…

※「李善蘭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李善蘭の関連キーワード呉昌碩サミュエルソン浙江省プラントル数ブルバキチャーン龍井茶馬叙倫虞洽卿銭杜

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone