コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李奎報 りけいほうYi Kyubo

3件 の用語解説(李奎報の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李奎報
りけいほう
Yi Kyubo

[生]毅宗22(1168)
[没]高宗28(1241)
朝鮮,高麗中期の政治家,学者。京畿道驪州郡出身。字は春卿。号は白雲山,白雲居士。諡は丈順。幼少より才気豊かで,文章,詩文に長じ,また経史,百家,老仏諸書に広く通じた高麗一代の文豪と称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りけいほう【李奎報 (R)I Kyu‐bo】

1168‐1241
朝鮮,高麗朝の詩人,政治家。字は春卿,号は白雲居士,諡(おくりな)は文順。京畿道黄驪県の人。年少のときから経・史・仏・老の書を学び,1190年進士に及第したが,若いときには不遇で下級官僚にとどまり,1202年慶州の反乱の討伐に従軍しても戦功はむくわれなかった。やがて武人政権の権力者崔忠献(さいちゆうけん)に詩文の才を認められてから頭角をあらわし,文学界の第一人者としての名声をかちとった。《麴先生伝》《白雲小説》などがあり,また民族意識を高揚した長編叙事詩《東明王篇》などの作者として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李奎報
りけいほう / イキュボ
(1168―1241)

朝鮮、高麗(こうらい)朝の詩人。字(あざな)は春卿、号は白雲居士。幼時から詩文にたけて奇童とよばれた。22歳のとき文科に及第したが、仕官を嫌い天馬山に隠居して詩作に没頭、のちに官界に入り、長い地方官吏を経て門下侍郎平章事(正二品)にまでなるが、まもなく隠退。豪放な詩風で一世を風靡(ふうび)した。彼の詩は現実に根ざしたものが多く、批判精神に貫かれている。死後、子の李涵(りかん)が編んだ『東国李相国集』には長編叙事詩『東明王篇(へん)』などの詩や散文が収められている。ほかに『白雲小説』がある。[尹 學 準]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

李奎報の関連キーワード高倉天皇新・鶴岡市文化会館チェーン東莱左氏博義平清盛高倉天皇宅磨勝賀花山院忠雅九条院健御前

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone