李済(りせい)(読み)りせい

  • 1896―1979
  • りせい / リーチー
  • 李済

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国の考古学者、人類学者。湖北省出身。アメリカのクラーク大学、ハーバード大学で、心理学、社会学および人類学を学んだ。清華大学人類学教授、国立中央研究院副院長、歴史語言研究所考古組主任研究員、中央博物館準備処主任などを歴任する。1949年台湾に移り、台湾大学考古人類学系教授、中央研究院歴史語言研究所所長を務める。西陰(せいいん)村、殷墟(いんきょ)、城子崖(じょうしがい)などの遺跡を発掘し、中国考古学の発展に大きく寄与した。これらに関する報告書、研究論文も多く、フランス学士院よりスタニスラス・ジュリアン賞を受けた。

[南 博史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android