コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城子崖遺跡(読み)じょうしがいいせき(英語表記)Cheng-zi-ya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城子崖遺跡
じょうしがいいせき
Cheng-zi-ya

中国山東省歴城県竜山鎮城子崖にある竜山文化の標準遺跡。1930~31年にかけて国立中央研究院歴史語言研究所の李済を中心に董作賓,郭宝鈞,梁思永,呉金鼎,王湘らが調査を行なった。城子崖は泰山山脈の北斜面の黄土地帯で,武原河の東の台地にある。文化層は上下 2層に分かれ,上層は期に比定され,この時期に属する城壁が発見されている。下層出土の土器には粗質の縄蓆文土器と光沢のある黒陶が存在し,特色のある黒陶が学界の注目を集めた。土器の器形には,鉢,盤,杯,などがあり,石器,骨角器も多数出土している。この成果によって,城子崖下層文化に類似する文化を竜山文化と呼ぶようになったが,中華人民共和国成立後は,城子崖を標準とする山東方面の竜山文化を山東(典型的)竜山文化と名づけ,中原の竜山文化と区別している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

城子崖遺跡【じょうしがいいせき】

中国,山東省歴城県竜山鎮にある竜山文化の標準遺跡。遺跡は武原河沖積地の台地に位置する。文化層は2層に分けられ,上層からは灰陶,下層からは黒陶が出土した。この下層が竜山文化にあたる。黒陶の多くは器壁が薄く,ろくろを使用しており,すぐれたものが多い。磨製の石器類も多く,その他,貝製の庖丁,鋸(のこぎり),鎌,獣骨では,豚・犬・馬・牛・羊などの家畜,鹿の肩甲骨を用いた卜骨(ぼっこつ)も出土した。また,土塁をもつ環濠集落としても知られる。城子崖遺跡を標準とする山東の竜山文化は〈山東竜山文化〉と呼ばれ,中原の竜山文化とは区別されている。
→関連項目李済

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうしがいいせき【城子崖遺跡 Chéng zǐ yá yí zhǐ】

中国,山東省歴城県竜山鎮にある新石器時代の遺跡。泰山山脈の北斜面の黄土地帯の川辺の台地上にある。1930年に李済,董作賓,郭宝鈞,呉金鼎らが山東古蹟研究会を創設し,30,31年に発掘を行った。当時,仰韶(ぎようしよう)文化と安陽殷墟の空白を埋める遺跡として注目され,竜山文化の名称のおこりとなった。遺跡は上・下2層からなり,上層は灰陶や窯址を出土する戦国時代の文化層で,下層が黒陶を特徴とする竜山文化の層である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android