コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城子崖遺跡 じょうしがいいせき Cheng-zi-ya

3件 の用語解説(城子崖遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城子崖遺跡
じょうしがいいせき
Cheng-zi-ya

中国山東省歴城県竜山鎮城子崖にある竜山文化標準遺跡。1930~31年にかけて国立中央研究院歴史語言研究所李済を中心に董作賓,郭宝鈞,梁思永,呉金鼎,王湘らが調査を行なった。城子崖は泰山山脈の北斜面の黄土地帯で,武原河の東の台地にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

城子崖遺跡【じょうしがいいせき】

中国,山東省歴城県竜山鎮にある竜山文化の標準遺跡。遺跡は武原河沖積地の台地に位置する。文化層は2層に分けられ,上層からは灰陶,下層からは黒陶が出土した。この下層が竜山文化にあたる。
→関連項目李済

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょうしがいいせき【城子崖遺跡 Chéng zǐ yá yí zhǐ】

中国,山東省歴城県竜山鎮にある新石器時代の遺跡。泰山山脈の北斜面の黄土地帯の川辺の台地上にある。1930年に李済,董作賓,郭宝鈞,呉金鼎らが山東古蹟研究会を創設し,30,31年に発掘を行った。当時,仰韶(ぎようしよう)文化と安陽殷墟の空白を埋める遺跡として注目され,竜山文化の名称のおこりとなった。遺跡は上・下2層からなり,上層は灰陶や窯址を出土する戦国時代の文化層で,下層が黒陶を特徴とする竜山文化の層である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

城子崖遺跡の関連キーワード仰韶遺跡新石器時代石器時代大汶口文化中石器時代竜山文化巨石文化新石器スカラブラエ新石器時代汀線

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone