コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李達 りたつLi Da; Li Ta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李達
りたつ
Li Da; Li Ta

中国,初の宦官。湖南省零陵県の人。字は鶴明。永楽年間 (1403~24) 4回にわたり西域に使いした。第1回は永楽5 (07) 年モグリスタン (東チャガタイ・ハン国) のビシバリクを訪れた。第2回は同 11年チムール朝の第3代王シャー・ルフの居城ヘラートにおもむき,中央アジア諸国を巡歴して帰国した。そのときの随行者の記録『西域行程記』は明初の西域を知る重要資料。第3回は同 14年東チャガタイ・ハン国へ,第4回は同 16年サマルカンドなどへ使いしたが,その後の行動については不明。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

李達の関連キーワード許筠

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

李達の関連情報