コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山トラウマ ムラヤマトラウマ

デジタル大辞泉の解説

むらやま‐トラウマ【村山トラウマ】

平成6年(1994)、日本社会党委員長村山富市連立政権の首相に就任した際、政策協調のため、独断的に同党の政策を転換させたことなどから、求心力を失い、解党への道をたどったこと。
[補説]自由民主党日本社会党新党さきがけによる連立政権(自社さ連立政権)の首相村山富市は、所信表明演説自衛隊合憲・日米安保堅持・原発容認などを表明。党内での十分な議論を経ずに同党の根幹にかかわる政策を180度転換させたことから、支持を失い、平成7年(1995)の第17回参議院通常選挙、および社会民主党として臨んだ平成8年(1996)の第41回衆議院総選挙で大敗を喫し、野党第一党の座を失った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

村山トラウマの関連キーワードトム ハンクスシャ乱Q記者クラブ拡散角閃石黒雲母花崗岩あさりど川本成田中稔木村小百合稲森いずみ

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone