コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東をどり あずまおどり

大辞林 第三版の解説

あずまおどり【東をどり】

1925年(大正14)東京新橋の花街の芸妓たちが、京都の「都をどり」にならって始めた舞踊。戦争のため一時中断、第二次大戦後復活。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あずまおどり【東をどり】

花街舞踊。東京新橋の芸妓連が京都祇園の都をどりに対抗して始めた芸妓舞踊。1925年落成した新橋演舞場の名物として企画され,春秋2回公演されてきた。第2次大戦後は特に隆盛をきわめ,谷崎潤一郎,北条秀司,八木隆一郎等の舞踊劇が続々と上演され,戦後花街舞踊の先駆をなした。振付は2世花柳寿輔,2世西川鯉三郎,初世尾上菊之丞等で,ゆみ,まり千代,小くになどのスターを生んだ。【柴崎 四郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東をどり
あずまおどり

1925年(大正14)4月落成の東京・新橋演舞場で始まった新橋芸妓(げいぎ)連の舞踊会。春秋2回を原則とした。京都の「都をどり」に倣い明治末から行われてきた「東(あずま)会」の流れをくんでいる。1941年(昭和16)以後は太平洋戦争中のため休演し、1948年(昭和23)に復活。男役のまり千代(本名佐野キミ江。1908―1996)のようなスター性のある芸妓が著名作家の舞踊劇を演じて人気を集め、1951年からの8年間は春秋、各25日間盛況を極めた。1959年からはおおむね春だけで、のち期間も短縮され、1982年からは5月末に4日間行われている。[如月青子]
『新橋演舞場株式会社編『新橋と演舞場の七十年』(1996・新橋演舞場)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東をどりの関連キーワード都 一広(2代目)都一広(2代)永井 静どり戦争

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東をどりの関連情報