コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東中南部汎アフリカ自由運動 とうちゅうなんぶはんアフリカじゆううんどうPan-African Freedom Movement of Eastern, Central and Southern Africa; PAFMECSA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東中南部汎アフリカ自由運動
とうちゅうなんぶはんアフリカじゆううんどう
Pan-African Freedom Movement of Eastern, Central and Southern Africa; PAFMECSA

1958年9月ケニアニアサランド (現マラウイ) ,タンガニーカ (現タンザニア) ,ウガンダザンジバル (1964年タンガニーカと合邦) の各民族主義政党代表が,タンガニーカのムワンザで開いた会議で結成された,汎アフリカ主義的な超地域的解放機構。当初は東中部汎アフリカ自由運動 PAFMECAと称したが,その後 59年にはレオポルドビル (現コンゴ民主共和国キンシャサ) ,ルアンダウルンディ (現ルワンダ,現ブルンジ) ,62年にはエチオピアソマリア,バストランド (現レソト) ,ベチュアナランド (現ボツワナ) ,南アフリカ南西アフリカ (現ナミビア) ,スワジランドも参加し,同年現行の名称に変えた。発足当時,自治と議会制民主主義の達成を目指す汎アフリカ主義的解放運動の推進,共同解放基金の設立,非暴力的民族主義運動の推進などを内容とする憲章を掲げて活動を開始したが,各植民地の独立に伴い,経済開発の共同推進といった機能的汎アフリカ主義の色彩を強めていった。もっともたてまえとしての,これら各国から成る連邦の設立と,最終段階としての全アフリカの統一は最後まで目標として掲げられ,機構面でも,各国2名ずつの代表から成る調整自由評議会と常設事務局 (ダルエスサラーム) が設置されるなど,積極的な整備が行われたが,63年5月アフリカ統一機構 OAUの創設後,その役割を OAUに引継いで解体した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

東中南部汎アフリカ自由運動の関連キーワード新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順野村芳太郎増村保造