コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京マラソン とうきょうまらそん TOKYO MARATHON

4件 の用語解説(東京マラソンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

東京マラソン

2007年から東京で始まったフルマラソンの大会。毎年2月~3月頃に行われ、世界陸上競技選手権大会男子代表選手選考競技会も兼ねる。それまでエリートランナー向けのフルマラソン大会しかなかった東京で初めての、大規模な一般市民参加型の大会となっている。種目はフルマラソン、10km、車椅子10km。東京都庁をスタートして皇居周辺や銀座をめぐる東京の中心地がコースで、ふだんは走れない首都圏の車道を走れるのも参加者の楽しみとなっている。(マラソン:東京都庁―飯田橋―皇居前―日比谷―品川―銀座―日本橋―浅草雷門―築地―豊洲―東京ビッグサイト、10km: 東京都庁―飯田橋―皇居前―日比谷公園)
09年の開催から賞金が出るようになった。(マラソン:国内 10,000円 海外 12,000円、10km:国内 5,000円 海外 6,000円)
毎回、芸能人アナウンサーが多数参加。また、公式スポンサーであるJTBコラボレーションした応援ツアーの実施や大々的なボランティアの募集などさまざまなメディアを使った認知拡大でも注目を集める。
東京マラソンが開催される以前は、日本にも欧米の大都市行われるマラソンのような市民一体型の大会がほしいという声が多かったが、交通規制の関係や既存の大会との調整などで問題があった。しかし、東京オリンピックの誘致を狙う石原慎太郎都知事が強行したことで、実現への動きが一気に加速した。
定員は2007年、2008年ではマラソンが25,000人、10kmが5,000人。2009年からはマラソンが30,000人、10kmが5,000人。この定員枠に対し、2007年の応募者数はマラソン77,521人、10km17,523人、2008年はマラソン130,062人、10km25,950人。2009年にはマラソン226,378人、10km35,603人。開催より、ランニングブームの火付け役になり、年々参加希望者が増加している。
コース周辺の店にも影響は大きい。連日多くのランナーが練習する皇居周辺では、東京マラソン開催以来、ランナー向けの設備を整える店が増えた。銀座のアシックスストア東京、日比谷のアートスポーツなどでは、ランナーをサポートする更衣室やロッカー、シャワールームを整備。皇居周辺の銭湯も練習前後のランナーでにぎわいを見せるようになった。

(富岡亜紀子 ライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうきょう‐マラソン〔トウキヤウ‐〕【東京マラソン】

東京で毎年行われるマラソン大会。第1回大会は平成19年(2007)で、開催時期は主に2月。平成25年(2013)よりワールドマラソンメジャーズに加入した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

東京マラソン

東京都新宿区などで行われるマラソン大会。日本陸上競技連盟が主催するフルマラソンのひとつ。車いす、障害者の部あり。第1回大会は2007年。2006年まで行われていた「東京国際マラソン」と「東京シティロードレース」を統合。男子の夏季オリンピック、世界陸上競技選手権大会、アジア競技大会の代表選考会を兼ねる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京マラソン
とうきょうまらそん

東京の都心部で行われる大都市マラソン。毎年2月か3月に開催され、世界のトップランナーと多くの市民ランナー(2013年は3万6000人)が参加する。コースのスタート地点は都庁で、皇居前、銀座、浅草、築地(つきじ)などを通過し、臨海副都心の東京ビッグサイトをゴールとするフルマラソンである。同じ都庁からスタートし、10キロメートル地点の日比谷(ひびや)公園をゴールとする10キロロードレースと車椅子(いす)レースも同時に実施されている。東京マラソン財団主催で、「東京マラソン」は財団の登録商標である。運営を支えるボランティアだけでも1万人以上おり、多くのスタッフが携わる。毎回、市民ランナーの参加枠に対し、10倍ほどの参加希望があり、参加ランナーを5万人規模まで徐々に拡大する予定になっている。
 東京国際マラソンと市民参加型の東京シティロードレースの二つの大会をまとめ、2007年(平成19)に第1回大会が開催された。2009年大会からは賞金が設けられており、世界記録樹立にはボーナスが付与される。世界陸上競技選手権大会男子日本代表選手選考競技会として位置づけられている。また、2013年大会からは、世界の主要マラソン大会で構成される世界ツアー、ワールドマラソンメジャーズに加入し、年間ツアー初戦として行われている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東京マラソンの関連キーワードフルマラソン板橋Cityマラソンコナマラソンさのマラソンシアトルマラソンパリマラソンフランクフルトマラソンベニスマラソンマウイマラソンヨロンマラソン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京マラソンの関連情報