東京放送ホールディングス(株)(読み)とうきょうほうそうほーるでぃんぐす(英語表記)TOKYO BROADCASTING SYSTEM HOLDINGSInc.

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京放送ホールディングス(株)
とうきょうほうそうほーるでぃんぐす
TOKYO BROADCASTING SYSTEM HOLDINGS,Inc.

TBSグループを統括する持株会社。略称TBSホールディングス、TBS HD。傘下にTBSテレビ、TBSラジオ、BS-TBSのほか、通信販売のグランマルシェ、小売のスタイリングライフ・ホールディングスなどを抱える。東証一部上場の株式会社。1951年(昭和26)設立のラジオ東京が前身。2005年(平成17)、楽天によるTBS株の取得が表面化したため、TBSは買収防衛やグループ経営効率化のため、2009年4月、グループを統括する認定放送持株会社へ移行し、同時に現社名に変えた。認定放送持株会社としては第2号である。主要株主は日本マスタートラスト信託銀行などで、他の放送持株会社と違い大手新聞社色が薄いという特徴をもつ。本社は東京都港区赤坂。資本金549億8689万2896円。連結で売上高3619億円、純利益171億円、従業員5552人(2018)。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android