コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝釈峡 たいしゃくきょう

7件 の用語解説(帝釈峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帝釈峡
たいしゃくきょう

広島県北東部,東城川の支流帝釈川の峡谷。名勝。吉備高原の一部をなす石灰岩台地を浸食してできたもので,約 20kmにわたって奇岩,深淵,鍾乳洞,自然橋などが続き,変化に富む雄大な風景美を誇る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいしゃく‐きょう〔‐ケフ〕【帝釈峡】

広島県北東部、帝釈川の峡谷。長さ約20キロにわたって、石灰岩台地の浸食による、断崖絶壁・奇岩・深淵などがみられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

帝釈峡【たいしゃくきょう】

広島県北東部,東城川の支流帝釈川の峡谷。東城町(現・庄原市)永明寺から神石町(現・神石高原町)の神竜湖ダム下流に至る約20kmで,石灰岩台地を貫き,谷の深さは100〜200mに及び,急崖,奇岩,深淵,鍾乳(しょうにゅう)洞などが連なる。
→関連項目神石[町]東城[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいしゃくきょう【帝釈峡】

広島県北東部,比婆(ひば)郡東城町と神石郡神石町にわたる石灰岩台地を刻んで流れる帝釈川の峡谷。1923年国の名勝に指定され,63年比婆道後帝釈国定公園に編入された。地質は帝釈石灰岩呼ばれる石炭紀,二畳紀の石灰岩層で,主体をなす石灰岩のほか基底に玄武岩質溶岩,玄武岩質凝灰岩を伴う。成因については,海底火山丘上に生成した礁石灰岩とする見解が最近有力である。帝釈石灰岩地域は第三紀鮮新世末までに浸食平たん面化され,後に隆起して標高500~600mの帝釈台地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいしゃくきょう【帝釈峡】

広島県北東部、帝釈川が石灰岩台地を浸食して形成した絶壁・奇岩・深淵からなる峡谷。延長20キロメートル。縄文時代の遺跡群がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕帝釈峡(たいしゃくきょう)


広島県北東部、庄原(しょうばら)市と神石(じんせき)郡神石高原町の境を流れる帝釈川の峡谷。長さ約20km。比婆道後(ひばどうご)帝釈国定公園を代表する景勝地。国指定名勝。帝釈川が石灰岩台地を浸食し、100mを超える絶壁を刻む。白雲(はくうん)洞などの鍾乳洞(しょうにゅうどう)や洞門、雄橋(おんばし)・雌橋(めんばし)の自然橋がみられる。新緑・紅葉の名所で、峡谷中央にダム湖の神竜(しんりゅう)湖がある。岩陰や洞窟(どうくつ)を利用した旧石器時代から弥生時代の遺跡が数多く点在する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帝釈峡
たいしゃくきょう

広島県北東部、庄原(しょうばら)市と神石(じんせき)郡神石高原町の境界を流れる帝釈川の峡谷。吉備(きび)高原の石灰岩台地を帝釈川が侵食したもので、延長約20キロメートルにわたって100メートルを超える断崖(だんがい)絶壁、雄橋(おんばし)・雌橋(めんばし)などの自然橋、奇岩怪石、急淵(きゅうえん)、深淵を見ることができる。白雲洞や薬師洞などの鍾乳(しょうにゅう)洞もある。峡谷のほぼ中央には大正時代につくられた帝釈川ダムの貯水池神竜(しんりゅう)湖があり、遊覧船や休暇村がある。「帝釈川の谷(帝釈峡)」として国の名勝に指定されており、また比婆道後(どうご)帝釈国定公園の一中心でもある。なお峡谷一帯には、帝釈観音堂洞窟(かんのんどうどうくつ)遺跡、帝釈寄倉岩陰(よせくらいわかげ)遺跡など旧石器・縄文・弥生(やよい)時代の遺跡が多く分布する。JR伯備線東城駅などからのバス便がある。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帝釈峡の関連情報