コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東征大総督 とうせいだいそうとく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東征大総督
とうせいだいそうとく

戊辰戦争中明治新政府が徳川氏追討の軍を起した際の総司令官慶応4 (1868) 年2月9日有栖川宮熾仁親王 (たるひとしんのう) が任命された。東海,東山,北陸3道の鎮撫総督を指揮し,同年4月4日江戸に入った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東征大総督
とうせいだいそうとく

戊辰(ぼしん)戦争期の臨時軍事官。鳥羽(とば)・伏見(ふしみ)の戦いの翌日、1868年(慶応4)正月4日、朝廷は嘉彰(よしあき)親王を征討大将軍とし、ついで山陰、東海、東山、北陸の諸道、中国、四国、九州に鎮撫(ちんぶ)総督を置いた。関東への進軍が日程にあがった2月、東海、東山、北陸の鎮撫総督は先鋒(せんぽう)総督兼鎮撫使となり、その統轄官として東征大総督が新設された。総督は総裁有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと)親王、参謀には西郷隆盛(たかもり)、板垣退助が任命された。戦争指導、平定地の管理、徳川氏ならびに降伏諸藩の処分などに大きな力を発揮。戊辰戦争終了後の同年11月2日に解散した。[井上 勲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

東征大総督の関連キーワード有栖川宮 熾仁とことんやれ節江戸城明渡し山崎豊(2)木梨精一郎山田 顕義稲田 邦植工藤剛太郎太田健太郎賀茂水穂渡辺 清江戸開城西郷隆盛山田顕義能久親王江藤新平内藤昌健太田広正有栖川宮熾仁親王

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東征大総督の関連情報