コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東津野 ひがしつの

2件 の用語解説(東津野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東津野
ひがしつの

高知県中部,津野町西部の旧村域。四万十川の源流をなす北川,船戸川の流域にある。 2005年葉山村と合体して津野町となる。四国山地の南斜面にあり,主産業は林業。用材,茶などを産するほか畑作も行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東津野
ひがしつの

高知県北西部、高岡郡にあった旧村名(東津野(むら))。現在は津野町の西部を占める地域。旧東津野村は、2005年(平成17)葉山村と合併して、津野町となった。四万十(しまんと)川源流域を占め、林野率は90%を超える。中世、五山文学の双璧(そうへき)とうたわれた義堂周信(ぎどうしゅうしん)、絶海中津(ぜっかいちゅうしん)を生んだ地で、津野山文化が栄えた。林業のほかに、茶、クリ、シイタケ栽培が主要産業。愛媛県境には高位カルスト地形の天狗(てんぐ)高原があり、四国カルスト県立自然公園域で、宿泊施設やカルスト学習館がある。登山客、スキー客が訪れる。不入(いらず)山には四万十川源流点がある。国道197号、439号が通じる。鶴松森南麓(かくしょうもりなんろく)の布施(ふせ)坂は急坂で、古来、須崎(すさき)と宇和島を結ぶ檮原(ゆすはら)街道(197号)の難所であったが、1988年(昭和63)布施ヶ坂トンネルが開通した。高野にある農村歌舞伎の回り舞台は国の重要有形民俗文化財。[正木久仁]
『『東津野村史』全2冊(1964、1965・東津野村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東津野の関連キーワード四万十高知県四万十市具同高知県高岡郡四万十町西原高知県高岡郡高知県高岡郡四万十町十川高知県四万十市中村高知県四万十市西土佐津野川東津野〈村〉高知県高岡郡津野町船戸高知県四万十市間崎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone