コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋六四郎(3世) きねやろくしろうさんせい

1件 の用語解説(杵屋六四郎(3世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵屋六四郎(3世)
きねやろくしろうさんせい

[生]1874
[没]1956
長唄三味線方の家元。6世杵屋三郎助の実子。 1888年,3世杵屋六四郎を襲名し,1926年には杵屋を稀音家と改める。 02年,4世吉住小三郎とともに長唄研精会を組織し,家庭音楽としての長唄の発展に貢献。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の杵屋六四郎(3世)の言及

【寒山拾得】より

…1911年9月文芸協会私演場で初演。作曲4世吉住小三郎・3世杵屋(きねや)六四郎(2世稀音家浄観)。振付2世藤間勘右衛門。…

【紀文大尽】より

…作詞中内蝶二。作曲4世吉住小三郎,3世杵屋(きねや)六四郎。吉原で豪遊する2代目紀伊国屋文左衛門が,江戸時代の元禄期に巨万の富を得た父紀文が,若き日に悲壮な決意をもって蜜柑(みかん)船で江戸に乗り込む夢を見る。…

【熊野】より

…57年(安政4)には,初世宇治紫文および宇治紫欣などの一中節宇治派と掛合で上演,そのとき増補された〈文の段〉の部分は,一中節のほうには残っている。(4)長唄 3世杵屋(きねや)六四郎(2世稀音家(きねや)浄観)の1894年の作曲。全編ほぼ能に基づく。…

※「杵屋六四郎(3世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

杵屋六四郎(3世)の関連キーワード階乗NエヌN末端残基de Thou,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone