稀音家浄観(読み)きねやじょうかん

日本大百科全書(ニッポニカ)「稀音家浄観」の解説

稀音家浄観
きねやじょうかん

長唄(ながうた)三味線方。現在まで2世ある。

[渡辺尚子]

初世

(1839―1917)初世杵屋六四郎門弟。6世三郎助から1902年(明治35)4世勘五郎となったが、11世喜三郎(12代六左衛門の男)が5世勘五郎を名のったため、08年稀音家浄観と改名。上調子(うわぢょうし)の名手であった。

[渡辺尚子]

2世

(1874―1956)初世の実子。本名杉本金太郎。3世稀音家六四郎を経て、1939年(昭和14)2世を襲名。4世吉住(よしずみ)小三郎(後の吉住慈恭(じきょう))とともに、1902年(明治35)長唄研精会(けんせいかい)を創立し、芝居から分離した長唄の確立に力を入れた。演奏会形式で毎回研精会が発表した新曲のほとんどは小三郎との合作により、これらは長唄の普及・発展に重要な役割を果たしている。また、29年に開設された東京音楽学校長唄の選科に小三郎とともに講師に就任、のち教授となり、後進の指導にも力を入れた。『横笛』『熊野(ゆや)』『元寇(げんこう)』などを作曲。小三郎との合作には『有喜大尽(うきだいじん)』『紀文(きぶん)大尽』『寒山拾得(かんざんじっとく)』『都風流(みやこふうりゅう)』など。48年(昭和23)日本芸術院会員となり、55年文化勲章を受章。昭和31年5月28日没。

[渡辺尚子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「稀音家浄観」の解説

稀音家浄観【きねやじょうかん】

長唄三味線方の芸名。2世〔1874-1956〕は前名3世杵屋六四郎。4世吉住小三郎とともに1902年長唄研精会を創立。歌舞伎への従属を離れて,演奏会形式による長唄演奏や作曲を行った。作品の多くは,小三郎との合作で,《紀文大尽》《神田祭》《有喜大尽》などが名高い。1955年文化勲章。
→関連項目上原真佐喜山田抄太郎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「稀音家浄観」の解説

きねや‐じょうかん〔‐ジヤウクワン〕【稀音家浄観】

[1874~1956]長唄三味線方。2世。東京の生まれ。初世の子。本名、杉本金太郎。前名、3世杵屋六四郎。4世吉住小三郎とともに長唄研精会を創立、長唄を鑑賞音楽として発展させた。文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「稀音家浄観」の解説

きねや‐じょうかん【稀音家浄観】

二世。邦楽家。長唄三味線方。初世の子。本名杉本金太郎。前名杵屋六四郎。東京出身。長唄研精会を創設し、新曲を発表するなど、長唄の普及、発展に尽くす。明治七~昭和三一年(一八七四‐一九五六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「稀音家浄観」の解説

きねやじょうかん【稀音家浄観】

長唄三味線方。2世が著名。(1)初世(1839‐1917∥天保10‐大正6) 初世杵屋(きねや)六四郎の門弟で,もと四郎治。3世杵屋勘五郎の名前養子となり,6世杵屋三郎助をゆずられる。1902年,4世勘五郎を襲名したが,12世杵屋六左衛門の次男喜三郎も勘五郎を襲名して勘五郎が2人になったため,08年,稀音家浄観と改めた。(2)2世(1874‐1956∥明治7‐昭和31) 初世の子。本名杉本金太郎。前名3世杵屋六四郎。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の稀音家浄観の言及

【寒山拾得】より

…1911年9月文芸協会私演場で初演。作曲4世吉住小三郎・3世杵屋(きねや)六四郎(2世稀音家浄観)。振付2世藤間勘右衛門。…

【研精会】より

…正式名称は長唄研精会。4世吉住小三郎(のちの慈恭(じきよう))と3世杵屋六四郎(のちの2世稀音家浄観(きねやじようかん))によって創設された。従来,歌舞伎に付随していた長唄を鑑賞用音楽として独立させ,会員制度による演奏会開催を企画,1902年8月19日,東京日本橋俱楽部で第1回演奏会を開いた。…

【平岡吟舟】より

…代表作に《大磯八景》《向島八景》《都鳥》《東明獅子》などがある。東明節の創始は2世稀音家浄観(きねやじようかん),2世清元寿兵衛(3世清元梅吉),大和楽(やまとがく)の清元栄寿郎などに影響を与えた。また,アメリカから帰国後,日本最初の野球チーム〈新橋アスレチック・クラブ〉をつくって日本の初期野球の基礎をつくったのをはじめ,ローラースケートの道具を持ち帰って普及に努めるなど,その多彩な活動で築いた財を一代で散じ,〈平岡大尽〉などとも呼ばれた。…

【熊野】より

…《平家物語》巻十〈海道下〉に登場する遠江池田の宿(しゆく)の遊女の長の名。平重衡(しげひら)が捕らえられて関東に下る途中この宿に泊まり,その長の娘の侍従という女から歌を贈られるが,その女は,兄宗盛に召されたことのある海道一の歌人であった。これを原拠とし,その女の名を熊野とした能,およびこれに基づく近世邦楽がある。(1)能 喜多流は〈湯谷〉と書く。三番目物鬘物(かつらもの)。作者不明。シテは熊野。遠江池田の宿の長の熊野は,平宗盛(ワキ)の側に仕えて,久しく都住いだった。…

【吉住小三郎】より

…長唄の唄方。現在まで6世を数えるが,初世,2世,4世が著名。(1)初世(1699‐1753∥元禄12‐宝暦3) 摂津国(大阪)住吉神社の神官(あるいは伶人か)の出身で,〈住吉〉を逆にして吉住を名のったと伝える。初名は仙次郎。6世杵屋(きねや)喜三郎あるいは4世中山小十郎の門弟といわれ,唄浄瑠璃を得意とした。1753年(宝暦3)3月,中村座の《京鹿子娘道成寺(きようがのこむすめどうじようじ)》初演の立唄(たてうた)をつとめて好評を博す。…

※「稀音家浄観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android