コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松ヶ島城 まつがしまじょう

日本の城がわかる事典の解説

まつがしまじょう【松ヶ島城】

三重県松阪市にあった平城(ひらじろ)。同県指定文化財。伊勢湾に面した伊勢神宮への参宮古道沿いにあった城である。もともとは北畠具教(とものり)が1567年(永禄10)、織田信長の来襲に備えて築いた城である。当時は細首(ほそくび)城とよばれていた。具教は日置大膳亮を入城させ、織田氏に備えた。1569年(永禄12)、織田の大軍が松ヶ島城に押し寄せ、大膳亮は細首城を焼いて大河内城(松阪市)に篭城した。その後、具教は信長の提示した条件(信長次男の織田信雄を養子とすること)を承諾して和睦した。北畠氏の家督を継いだ信雄は、田丸城(度会(わたらい)郡玉城(たまき)町)を改築して居城としたが、1580年(天正8)に田丸城は焼失、このため、信雄は細首城を整備して5層の天守を築き、名前を松ヶ島城と改めて居城とした。1582年(天正10)、信長が本能寺の変で死去すると、信雄は清洲城(愛知県清須市)に移ったため、松ヶ島城には家臣の津川玄蕃允義冬、滝川雄利が入城した。信雄が羽柴秀吉(豊臣秀吉)と対立したため、松ヶ島城は1584年(天正12)に秀吉勢の猛攻により落城した。その後、松ヶ島城には秀吉臣下の蒲生氏郷(がもううじさと)が入封した。氏郷は同城を南勢(伊勢国南部)統治の拠点としたが、城下が手狭だったため、1588年(天正16)に松阪城(松阪市)を築き、松ヶ島城下の町民を松阪城下へ強制的に移住させた。それにともない、松ヶ島城と城下町は廃された。現在、城跡には遺構はほとんど残っていない。農地の中の木々がこんもりと茂る丘になっているが、その丘の頂上に幅約20m、高さ約2mの台地がある。これがかつての天守台跡で、5層の天守が築かれていた場所である。その地中からは瓦片や茶碗片が出土した。近鉄山田線松ヶ崎駅から徒歩約15分。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

松ヶ島城の関連キーワード三重県松阪市松ヶ島町松阪(市)三重(県)松坂城跡亀山城蒲生氏田丸城丸山城

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android