座骨神経痛(読み)ザコツシンケイツウ

百科事典マイペディアの解説

座骨神経痛【ざこつしんけいつう】

最も多い末梢性神経痛。神経炎,中毒,骨盤内障害(子宮や卵巣の疾患,腫瘍(しゅよう),便秘),妊娠,腰椎・仙椎カリエス,椎間板ヘルニア,糖尿病,帯状疱疹(ほうしん)などによって起こる。腰,臀部(でんぶ)から大腿(だいたい)後面,膝(ひざ)の後側,ふくらはぎ,足にかけての痛みが生ずる。座骨神経の座骨孔から出る部分を圧迫すると,全経路に痛みを訴えることにより診断される。治療として原因療法のほか,安静,保温,鎮痛剤投与,および理学療法が有効。
→関連項目気象病腰痛症

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ざこつしんけいつう【座骨神経痛】

座骨神経の分布領に起こる疼痛発作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

座骨神経痛の関連情報