コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座骨神経痛 ザコツシンケイツウ

デジタル大辞泉の解説

ざこつ‐しんけいつう【座骨神経痛】

座骨神経の分布領域に生じる痛み。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

座骨神経痛【ざこつしんけいつう】

最も多い末梢性神経痛。神経炎,中毒,骨盤内障害(子宮や卵巣の疾患,腫瘍(しゅよう),便秘),妊娠,腰椎・仙椎カリエス,椎間板ヘルニア,糖尿病,帯状疱疹(ほうしん)などによって起こる。
→関連項目気象病腰痛症

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ざこつしんけいつう【座骨神経痛】

座骨神経の分布領に起こる疼痛発作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

座骨神経痛の関連キーワード腰椎椎間板ヘルニア白井 義男

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

座骨神経痛の関連情報