コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平 恒雄 マツダイラ ツネオ

20世紀日本人名事典の解説

松平 恒雄
マツダイラ ツネオ

明治〜昭和期の外交官,政治家 参院議長;宮内相。



生年
明治10(1877)年4月17日

没年
昭和24(1949)年11月14日

出生地
東京

出身地
福島県会津若松市

学歴〔年〕
東京帝大法科大学政治学科〔明治35年〕卒

経歴
東大を出てすぐ外務省に入り、天津総領事、欧米局長、事務次官、駐米大使、駐英大使を歴任。駐英大使のときは昭和5年のロンドン海軍軍縮会議の全権として、若槻礼次郎首席を補佐し、補助艦艇の協定成立にこぎつけた。11年に退官、宮中に入って宮内大臣となったが、20年6月、米空軍による皇居一部炎上の責任を追って辞任。21年6月枢密顧問官。同年の“鳩山追放”に伴う自由党の後継総裁選びでは後任の噂にものぼった。22年参院選に全国区から出馬して当選後は緑風会に属し、初代の参院議長となったが、在職中に病没した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

松平 恒雄
マツダイラ ツネオ


肩書
参院議長,宮内相

生年月日
明治10年4月17日

出生地
東京

出身地
福島県会津若松市

学歴
東京帝大法科大学政治学科〔明治35年〕卒

経歴
東大を出てすぐ外務省に入り、天津総領事、欧米局長、事務次官、駐米大使、駐英大使を歴任。駐英大使のときは昭和5年のロンドン海軍軍縮会議の全権として、若槻礼次郎首席を補佐し、補助艦艇の協定成立にこぎつけた。11年に退官、宮中に入って宮内大臣となったが、20年6月、米空軍による皇居一部炎上の責任を追って辞任。21年6月枢密顧問官。同年の“鳩山追放”に伴う自由党の後継総裁選びでは後任の噂にものぼった。22年参院選に全国区から出馬して当選後は緑風会に属し、初代の参院議長となったが、在職中に病没した。殿様の出身でおっとりした性格だったが、親英米派としてはっきりした見識を持っていた。

没年月日
昭和24年11月14日

家族
父=松平 容保(会津若松藩主) 妻=松平 信子(常磐会会長) 長男=松平 一郎(東京銀行会長) 長女=秩父宮 勢津子(秩父宮妃殿下)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

367日誕生日大事典の解説

松平 恒雄 (まつだいら つねお)

生年月日:1877年4月17日
明治時代-昭和時代の外交官;政治家。宮内相
1949年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

松平 恒雄の関連キーワード秩父宮妃勢津子秩父宮雍仁親王秩父宮 雍仁秩父宮勢津子秩父宮雍仁三淵 忠彦昭和時代長春会議松平信子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android