松村雄之進(読み)まつむら ゆうのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村雄之進 まつむら-ゆうのしん

1852-1921 明治-大正時代の政治家。
嘉永(かえい)5年2月21日生まれ。明治4年大楽(だいらく)源太郎暗殺事件にくわわり,7年間服役。のち旧久留米(くるめ)藩士をひきいて福島県に移住し,開拓にあたる。15年福地源一郎(桜痴)らの帝政党にくわわる。台湾の新竹支庁長,雲林支庁長をつとめ,35年衆議院議員となる。大正10年2月22日死去。70歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。号は鉄肝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松村雄之進

没年:大正10.2.22(1921)
生年:嘉永5.2.21(1852.3.11)
明治大正期の政治活動家。筑前(福岡県)久留米の神官の子。明治15(1882)年立憲帝政党に加わり,台湾総督府官有物取調委員長,台中県支庁長,北海道宗谷支庁長,上川支庁長などを歴任。35年第7回衆院議員選挙で久留米市から当選したが,以後出馬せず,院外団の活動家として活躍した。<参考文献>吉富莞爾編『松村雄之進』

(寺崎修)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android