コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝政党 テイセイトウ

世界大百科事典 第2版の解説

ていせいとう【帝政党】

自由民権期の政府系政党。立憲帝政党が正式名。1882年3月,政府当局の意をうけて《東京日日新聞》の福地桜痴(源一郎),《明治日報》の丸山作楽,《東洋新報》の水野寅次郎を中心に結成された。福地起草の綱領では,国体の保守,国権の拡張,漸進主義を唱え,国会開設の詔の遵守,欽定憲法主義,天皇主権説,二院制,制限選挙制,天皇の国会議決不認可権などを主張,反民権主義に立った。前記3新聞と大阪の《大東日報》などが機関紙であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帝政党
ていせいとう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

帝政党の関連キーワード自由党(日本)松村 雄之進信濃毎日新聞水野 寅次郎自由民権運動福地 源一郎九州改進党松村雄之進羽田恭輔時事新報主権論争福島事件原敬

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android