松虫草/山蘿蔔(読み)マツムシソウ

デジタル大辞泉の解説

まつむし‐そう〔‐サウ〕【松虫草/山蔔】

マツムシソウ科の多年草。高原の草地に生え、高さ60~90センチ。羽状に裂けている葉が対生する。8~10月、紫色の頭状花を開く。周囲の小花は唇状に5裂し、中央のものは筒状。 秋》「―霧(き)らひながらに花明り/友二」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつむしそう【松虫草】

マツムシソウ科の多年草。山中の草地に生える。高さ約50センチメートル。葉は羽状に分裂。秋、径約5センチメートルの青紫色の頭花をつける。花序の中央にある花は小さく、周囲の花は唇形で大きい。リンボウギク。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まつむし‐そう ‥サウ【松虫草】

〘名〙 マツムシソウ科の二年草。各地の高原などに生える。高さ〇・六~一メートル。全体に細毛を生じる。葉は羽状に細裂し対生する。夏から秋にかけ、茎の上部に径三~五センチメートルの淡紫色の頭状花をつける。頭状花の外側には淡紫色の唇形花が、中央には管状花がつく。果実は紡錘形で萼の変化したとげ状の剛毛がある。高山には、丈が低く、花の大きなタカネマツムシソウが生える。慣用漢名、山蘿蔔。りんぼうぎく。《季・秋》 〔和漢三才図会(1712)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android