松飾り(読み)まつかざり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正月に家の内外に立てる一本あるいは一対の松。本来は正月の神を迎える依代 (よりしろ) の一種で,わらで作った食器状のものをそれに結び,食べものを供える地方もある。また使用する木も松とは限らず,なら,つばき,しきみ,とち,竹,杉なども利用された。松を 12月の 13日に山から切ってくることを松迎えといい,立てておく期間は早い所では正月の4日,通常は7日や小正月までとされ,小正月にこれを焼く習俗も残っている。 (→門松 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松飾りの関連情報