コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松飾り まつかざり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松飾り
まつかざり

正月に家の内外に立てる一本あるいは一対の松。本来は正月の神を迎える依代 (よりしろ) の一種で,わらで作った食器状のものをそれに結び,食べものを供える地方もある。また使用する木も松とは限らず,なら,つばき,しきみ,とち,竹,杉なども利用された。松を 12月の 13日に山から切ってくることを松迎えといい,立てておく期間は早い所では正月の4日,通常は7日や小正月までとされ,小正月にこれを焼く習俗も残っている。 (→門松 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まつ‐かざり【松飾り】

正月に家の門口に飾り立てる松。かどまつ。 新年》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まつかざり【松飾り】

正月、門前や玄関に飾る松。門松。松。 [季] 新年。 《 -錠をつらねて藩庫かな /長谷川零余子 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

松飾りの関連キーワード長谷川零余子ウメノキゴケ松が取れる上川神社羽根の禿左義長松葉色船祝いどんど背戸松松の門飾り松飾り物松の内松過ぎ飾り炭鳶職

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松飾りの関連情報