コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撃柝売買 ゲキタクバイバイ

2件 の用語解説(撃柝売買の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げきたく‐ばいばい【撃×柝売買】

証券取引所で、昭和57年(1982)まで株式特定銘柄の始め値と終わり値の決定に用いていた値段決定方法。複数の売り手と買い手とを相手に係員が適当と思う値段を唱えて仮の商いを進め、売買量が一致したときに拍子木を打って商いを成立させるもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

撃柝売買
げきたくばいばい

証券取引所において、特定銘柄の始値(はじめね)と終値(おわりね)を決める場合に行われる売買方法で、撃柝(拍子木に似た2枚の板)で合図することに由来する。撃柝は単に柝(き)ともいわれ、これを打つことを「柝を入れる」という。売り方、買い方の双方が注文値段を競合し、さらに売り注文と買い注文との間で注文値段の競合を行い、その結果値段と数量が一致したところで約定値段が決定される。撃柝で手合わせされた単一の値段が自分に不利になりそうなときには、反対の手合わせによる売買の相殺を行っておりること(「はりかえし」という)になる。また、値段や数量の一致をみないときには約定は成立しないこと(出来不申(できもうさず))になる。撃柝売買は大量の需給を双方の競争のなかで集団的に競わせ、単一の値段での相場が形成されることから、集団競争売買の一つに数えられた。なお、撃柝売買は特定銘柄において行われるものなので、1973年(昭和48)に特定銘柄は指定銘柄制度に移行したことから、撃柝売買もなくなった。[桶田 篤・前田拓生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

撃柝売買の関連キーワード才取会員丸紅京セラAMEX札幌証券取引所ジョバー取引所取引ニッタ三市場

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone