コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板部岡江雪 いたべおか・こうせつ

1件 の用語解説(板部岡江雪の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

板部岡江雪

没年:慶長14.6.3(1609.7.4)
生年:天文5(1536)
初めは戦国大名北条氏の奉行。江雪は斎号としても使用。融成は入道名か。越中守。田中泰行と岩本摂津守の娘の子で,板部岡能登守の遺領を継いで板部岡と改めたとも,また伊豆下田の真言宗の僧であったとも伝えるが,真偽は不明。天正10(1582)年に北条氏直徳川家康と講和を結んだ際,また同17年,小田原を狙う豊臣秀吉との交渉に際し,使者として活躍した。北条氏滅亡ののちは秀吉に仕え御伽衆となり,氏を岡野と改めた。秀吉の没後は家康に起用された。『江雪詠草』などの著書を残し,和歌,連歌のほか茶湯にも通じた教養豊かな能吏といえよう。<参考文献>井上宗雄『中世歌壇史の研究 室町後期』

(佐脇栄智)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

板部岡江雪の関連キーワード北条氏光後北条氏得宗奉行北条須藤盛永芳春院(1)北条氏朝北条氏治北条氏宗

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone