コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林世功 りん せいこう

3件 の用語解説(林世功の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林世功 りん-せいこう

1842*-1880 琉球の政治運動家。
尚育王7年12月24日生まれ。1868年北京の国子監に留学。帰国後,国学大師匠となる。1876年日本政府の琉球処分(沖縄県の設置)に反対して清(しん)(中国)に密航し陳情したが,処分の実施と両国による分割統治案を知って絶望し,1880年11月20日北京で自決した。40歳。那覇久米村出身。琉球名は名城里之子親雲上(なしろ-さとぬしぺーちん)。
【格言など】一死なお社稷(しゃしょく)の存するを期す(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

林世功

没年:明治13.11.20(1880)
生年:尚育7.12.24(1842.2.3)
沖縄県設置に抗議して北京で自決した琉球の政治家。林世功は中国名で,琉球での名乗りを名城里之子親雲上という。久米村の生まれで,北京の国子監に留学した経歴を持つ。尚泰29(1876)年,密命を帯びて中国(清国)に渡航し,明治政府の琉球処分(沖縄県設置)を阻止するよう当局に嘆願運動を展開した。処分が断行され,日本と中国の間で沖縄を分割して領有する妥協案(分島増約案)が検討されていることを知り,絶望の余り北京で自決した。

(高良倉吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林世功
りんせいこう
(1841―1880)

琉球(りゅうきゅう)の士族。林世功は唐名(とうめい)で、琉球風の名のりは名城里之子親雲上(なしろさとぬしおやくもい)という。天保(てんぽう)12年12月24日生まれ。首里(しゅり)の国学(こくがく)に学んだあと、選ばれて北京(ペキン)の国子監(こくしかん)に留学、帰国後教育職を歴任した。明治政府による琉球王国の廃絶、すなわち沖縄県設置の画策に危機感を抱き、琉球救援を中国(清(しん)朝)に陳情する一団に加わり1876年(明治9)かの地に渡った。総理衙門(がもん)など要路に琉球の危機を訴え奔走したが、やがて故国では琉球処分(1879)が断行され王国は滅び、その翌年には明治政府と中国の間で分島案が協議されるに及んで絶望感を抱き、11月20日失意のうちに北京で自刃して果てた。39歳であった。「一死なお社稷(しゃしょく)の存するを期す」と辞世の句を残している。[高良倉吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林世功の関連キーワード政治運動ネグリ運動家活動家池城安規亀川盛棟亀川盛武幸地朝常尚寅ナビル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone