コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枠組壁工法 わくぐみかべこうほう

3件 の用語解説(枠組壁工法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

枠組壁工法【わくぐみかべこうほう】

木材で組まれた枠組に構造用合板などを打ちつけた床および壁によって建物をつくる工法。使用する製材のうち最も多用されるものの断面が,2インチ×4インチであることからツーバイフォー工法とも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

リフォーム用語集の解説

枠組壁工法

主に2インチ×4インチの断面寸法の規格木材を用いた枠組みに構造用合板を釘打ちしてつくられた壁・床・屋根などの面材により建物全体を箱のようにして支える工法。

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わくぐみかべこうほう【枠組壁工法】

現在,北米でごくふつうに行われている木造構法(プラットフォーム構法と呼ばれる)を下敷きにし,これに部分的に日本化の試みを加えたもの。1974年この工法の構造方法に関する技術基準が建設省告示として公布され,この工法でだれでも自由に建てることが許認された。なお,〈枠組壁工法〉という呼び方はこの告示で定まった。北米のプラットフォーム構法は,その源をバルーン構法に求めることができる。バルーン構法は,1833年にシカゴセントメアリー教会を大工棟梁A.D.テイラーが建てたときから発するといわれ,その特徴は,規格化された小断面の製材を壁と床に細かい間隔で配置し,継手と仕口を釘打ちで構成する点にあったが,この特徴は今日も生きている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の枠組壁工法の言及

【間柱】より

…断面が大きい柱と梁や桁で軸組の主要部をつくり,間柱で間を埋めるのでなく,土台をのぞく骨組みをすべて長方形断面の板間柱だけで組んで,板繫ぎや板方杖の釘打ちで補強する建て方がある。この方法で土台も板間柱と同寸を用い,間柱の周囲を枠で囲ってパネル状の壁にしたのが枠組壁工法で,2インチ×4インチの部材を使うツーバイフォー工法はその代表である。【太田 邦夫】。…

※「枠組壁工法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

枠組壁工法の関連情報